自分の答えのつくりかた

自分の答えのつくりかた
著:渡辺 健介 出版:ダイヤモンド社
http://www.whatisyourdelta.com/book/idpm.html
c0188487_17551065.jpg物語+コラムの3章仕立て。
段階的に問題解決や意思決定のチカラが養えます!

主人公は赤い魚の国のサッカー少年、ピンキー。
ある出来事で挫折を知り、サッカー留学をすることで 自分自身を
鍛え上げることを決意する。
コトバの通じない、考え方もそれぞれ違う ひとりぼっちの環境の中で、
恩師との出会い・部活友だちとの触れ合いを通して
自分で主体的に考え、行動するために 何が必要なのかを学び、
おおきく成長していきます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「自分の頭で考えろ」とか
「自分の考えを持て、自分の価値観を持て」
といわれても、何をしてよいかわからない。
そもそも頭の中にある材料が少なければ、イマジネーションは沸いてこない。

いったい、どうやって自分の頭で考えるのか。
いったい、どうやって健全的な形で意見を鵜呑みにせずに、疑うのか。
いったい、どうやって自分なりの価値観を築き上げて行くのか。
いったい、自立した人とはどのような人で、どうすれば、そうなれるのか。


幅広い視野、教養、経験に基づいて築き上げられた自立した考えと価値観
「インディペンデント・マインド(IPDM)」 へ辿り着く道のりが書かれています。

著者曰く、
「IDPMを身につけることが出来れば
世間の目や、短期的な変動に振り回されずにどっしりとブレずに生きて行けるようになる。
答えのない社会の中で我々を導き、新しい何かを仕掛ける勇気を与えてくれる。」


物語も楽しく読め、勇気をいただけました!!
これからたくさんの人・情報と出会い価値観を形成していく高校生・大学生にも
ぜひ、共有したい一冊です。
[PR]

# by j_koba22 | 2010-05-05 17:56  

響いたコトバ2

「プリズムを外す」

何かうまくいかない時、その現実を「調子の問題」で片付けてしまうのか、
真正面から受け止めて、根本的な原因を直視するのとでは
その後の進化のスピードも断然変わってくる。
「誰のせい」と犯人探しを始める、
「お前はどうなんだよ」と反撃するなどという無駄なことは一切せず、
「次はどうすればもっとうまくいくか」「自分にできる最善のことは何か」に時間を割くのだ。


「自分の答えのつくりかた」著:渡辺健介
海亀のコトバより
[PR]

# by j_koba22 | 2010-04-24 16:31  

響いたコトバ

絶えず進化していくために重要なのは
差を浮き彫りにするということ。
差を感じないと、なかなか変わろうという気にならない。点火しない。
変われない場合の多くは、「変わるためには何をしていいかわからない」のではなく
「そもそも本当に変わりたいと思っていないから」なのだ。
「差を感じる機会」を自ら積極的に、絶えず生み出していくことが
成長していくためには重要。

ただし、他人と比較ばかりして自分の至らなさに落ち込んだり
嫉妬して他人の足を引っ張ったりしては絶対にいけない。
比較は負の方向ではなく、
前向きに変わっていくためのきっかけにしなくてはならない。


「自分の答えのつくりかた」著:渡辺健介
海亀の言葉より
[PR]

# by j_koba22 | 2010-04-24 16:28  

映画レビュー No.9

フィッシュストーリー
原作:伊坂幸太郎 監督:中村義洋
出演:伊藤淳史 高良健吾 多部未華子 濱田岳 森山未來 大森南朋


発売当時、誰にも聞かれなかった曲
『フィッシュストーリー』が世界を救う!
c0188487_2024060.jpg
4つの時代の別々の出来事がひとつの曲でつながったとき
想像もできない何かが起こる!

「アヒルと鴨のコインロッカー」チームが贈る
伊坂ワールド第2弾!
誰もが驚く、爽快なラスト!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
c0188487_2041548.jpg
1つの曲が必然か偶然か、少しずつ連鎖していき
数年後、数十年後に大きな奇跡を起こす。

なんの変哲もない日常におけるふとした優しさや
ちょっとした勇気が未来や世界を変える。

ラスト5分で物語がひとつに繋がり
観終わった後にスカッとする映画でした。

個性的な役者陣の感情溢れる演技と
斎藤和義が手がける音楽も気持ちが良かった!
公式サイト http://www.fishstory-movie.jp/
c0188487_20101237.jpg
♪~僕の孤独が魚だったら
 巨大さと獰猛さに 鯨でさえ逃げ出す~♪

[PR]

# by j_koba22 | 2010-04-18 20:12  

気くばりのツボ

気くばりのツボ
著:山﨑 拓巳 発行:サンクチュアリ出版
c0188487_0264140.jpg
今よりも出会いのチャンスを増やし、
「ただの知り合い」を「大切な仲間」に変えていくために
役立つ気くばり入門書。
読み込むほどに、みんなに会えることが楽しみになる。
いますぐみんなに喜ばれる25のコミュニケーション術。

(本を読んで)気くばりをする→
(なんとなく)喜ばれる→
(クセになって)自分が変わる→
(気がついたら)周囲が変わる→
(本当に)毎日が変わる・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

入門編だけあって、階段がやさしめですぐに行動に起こせそうな
事例が多かったです。
内容もシンプルでとっても読みやすい!

⑥おねがいごと
お近づきになりたい人に、まずなにか頼んでみる

⑪話題コレクション
相手の特徴をメールのアドレス帳に記憶させる


まずはこの2つを
さっそく明日から実践していきたいと思います。
[PR]

# by j_koba22 | 2010-04-12 00:28