不思議なくらい心が強くなるヒント

不思議なくらい心が強くなるヒント
著:ルイス・ターターリャ 内藤誼人
出版:三笠書房

c0188487_23453138.jpg
メンタル系の本を衝動買いし
気がつけばまた内藤誼人さん (無意識に5冊目です)
切り口が斬新で、ちょっとだけマインドを変えるだけで
日常でのトラブルがすーっと消えていく
(もちろんすべての問題がという訳ではありませんが)

彼の言葉によって新たなモノの考え方を知り
こころが楽になりました

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
<響いた言葉>

心が狭ければ、
ちっぽけなプライドを守ろうとして、
奥さんや上司に感じてることを表に出せないはずだ。
人と上手くつきあいたければ、心が広いに限る。
自分の欠点や弱さを認めることができるようになると、
他の人にはたまらない魅力に映る。

心を広くしようと思うなら、自分を偽らないことだ。
背伸びしようと思わないことだ。
他の人に嫌なことされても、
心の広い人はそう簡単には怒らない。
自分が弱く無力だと思っている人は、相手を拒絶しようとする。
心を閉ざしている人は、他人を拒絶するばかりか、
自分をも拒絶する。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『自分ではどうにもならないことを、あれこれ心配しない。
自分の力で変えられること(すなわち心の持ち方)
変えた方が人生はうまくいく。』

文章も読みやすく、1時間くらいで読めました
オススメです☆
[PR]

by j_koba22 | 2010-05-30 23:47  

<< コルテオーシルク・ドゥ・ソレイユー もし高校野球の女子マネージャー... >>