響いたコトバ

絶えず進化していくために重要なのは
差を浮き彫りにするということ。
差を感じないと、なかなか変わろうという気にならない。点火しない。
変われない場合の多くは、「変わるためには何をしていいかわからない」のではなく
「そもそも本当に変わりたいと思っていないから」なのだ。
「差を感じる機会」を自ら積極的に、絶えず生み出していくことが
成長していくためには重要。

ただし、他人と比較ばかりして自分の至らなさに落ち込んだり
嫉妬して他人の足を引っ張ったりしては絶対にいけない。
比較は負の方向ではなく、
前向きに変わっていくためのきっかけにしなくてはならない。


「自分の答えのつくりかた」著:渡辺健介
海亀の言葉より
[PR]

by j_koba22 | 2010-04-24 16:28  

<< 響いたコトバ2 映画レビュー No.9 >>